モビットの審査に通過したらいくらまで借りることができますか?

キャッシングに申し込む場合には、審査に通過すればいくらまで借りることができるのかが気になりますね。これは消費者金融ごとに異なりますし、また審査を申し込む人の年収や他社からの借入額などの条件によっても異なります。

 

無担保で融資を受けることができるいわゆるキャッシングの申し込みが初めてであれば、自動契約機の利用や書面による10秒簡易審査では借り入れのできる利用限度額はおそらく50万円以下かあるいは年収の1割以下ということになるでしょう。

 

モビットのweb完結で申し込んだりプロミスにインターネットで申し込んだりする場合もこれに該当することになります。一般的な住宅ローンや自動車ローンなどの場合には、仮に返済不能になっても担保となっている住宅や自動車などを売却すれば貸し付け金額を回収することが可能です。

 

しかし無担保で融資を行うキャッシングの場合には返済不能となった場合には貸し付け金額を回収することは難しくなります。消費者金融では貸し倒れのリスクに備えるという意味からも、いきなり多額の借り入れを認めるということについては慎重になっているのです。

 

一方で少額の借入限度額からのスタートであっても、その後確実な返済などの履歴を重ねることで信用ができて利用限度額を増額してもらうことができる場合もあります。

 

これ以外には総量規制による借り入れ金額の制限に注意が必要です。総量規制では借り入れの限度額を年収の3分の1までに制限しています。これは平成22年に施行された貸金業法という法律による決まりですから、すべての貸金業者に対して強制的に適用されます。

 

したがって優良な顧客の場合などであってもこの年収による制限を越えた融資を受けることは認められないのです。


さっそくモビットのWEB完結に申し込む

モビット