モビットで審査に通らない人の条件を覚えておきましょう!

モビットに申し込む人の中にはキャッシングに申し込むのが初めてで、審査について不安を感じているという人が多いのではないでしょうか。モビットは三井住友銀行グループの一員ですから利用には安心感が大きいのですが、一方で「厳しい審査が行われるのではないか」「審査にはパートやアルバイトだと通らないのではないか」などと考える人もいるかもしれません。

 

審査に通過するためには次に紹介する「審査に絶対に通らない人」について知っておくと有利になります。

 

まずモビットの審査に通過するための条件としては「仕事をしている人であること」が必要です。これは私たちが普段個人同士でお金の貸し借りをする場合でもそうなのですが、人にお金を貸す場合には「あの人は仕事をちゃんとしているから貸したお金を働いて得た給料の中から返してくれるだろう」と考えるのではないでしょうか。

 

これはモビットでも同じなのです。モビットではキャッシングサービスを「仕事をして安定した収入を得ている人」を条件にして提供しているのです。

 

この場合に「専業主婦や年金生活者は利用できるのか?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。実際には専業主婦や年金生活者の場合にはモビットは利用できないのです。

 

専業主婦については「専業主婦が普段行っている家事労働はお金に換算すると数10万円の価値がある」などと言われるのですが、金融の世界では専業主婦は収入が0円であると判断されるので利用は認められないのです。

 

また収入が年金のみという年金生活者も仕事をしていませんので同様に判断されます。ただし年金生活者で働いて一定の収入があるという場合には、モビットでは利用できませんがプロミスなどでは利用できる場合もあります。

 

もう1つ覚えておきたい条件としては借り入れ金額については年収の3分の1までという制限があり、これは貸金業法に規定する総量規制によるものなのです。ですからこれまでに延滞などがなく確実な返済をしているいわゆる「優良顧客」であっても、実際に借り入れができる最大限度額は年収の3分の1までに制限されてしまうのです。

 

これらの条件に問題がなければ、審査といってもそれほど深刻に考える必要はありません。これ以外に他社からの借り入れなどについても件数が多かったり借り入れ金額が大きかったりしなければ大丈夫です。

 

ただし過去に借り入れの返済ができなくなり自己破産をした経験のある人の場合には注意が必要になります。自己破産などをした場合にはその後5年から7年程度はカードローンの審査には通らなくなります。申し込みについては一定の期間を経過することが必要となります。


さっそくモビットのWEB完結に申し込む

モビット