モビットの審査は他社に比べて通りやすいというのは本当ですか?

「審査を申し込んで通るだろうか?」「審査は他社とくらべて厳しいのだろうか?」などと、実際にモビットに申し込みを行う場合には様々な不安を感じるかもしれません。

 

審査については会社ごとに独自の審査基準を定めていますし、これについては具体的な内容は外部には非公開となっています。モビットでも同様ですから審査については実際に受けてみないと通るかどうかわからないという部分もあるのです。

 

ただし過去の利用者のデータや口コミなどからある程度の傾向はわかりますので、今回はモビットの審査に通るかどうかの見込みを判断する方法について紹介したいと思います。

 

審査に通るためには「モビットの申し込みの基準を満しているかどうか」「自分よりも評価が低そうな人が審査に通ったかどうか」「希望する借り入れ限度額が法律の制限内かどうか」の3つについて確認してみましょう。

 

モビットに申し込める人の基準は年齢20歳以上69歳以下で定期的な安定収入がある人となっています。ですから年齢制限を満たしていない人は審査に申し込んでも通りません。

 

また無職の人については収入がありませんからやはり審査には通りません。ただし安定した収入という条件については、パートやアルバイトや派遣社員といった雇用形態の人や自営業を営む人の場合でも安定した一定額の収入があれば大丈夫です。

 

次に自分よりも条件が悪く評価が低そうな人が審査に通っているかどうかを確認してみましょう。パートやアルバイトなどの雇用形態で評価が低そうな人でもモビットは利用できますから、正社員として働いている人や自営業を営んでいてきちんと確定申告をしている人などはそれだけ審査では有利になるでしょう。

 

またパートやアルバイトの人の場合には、審査に通った人は月々いくらぐらいの収入があるのか、また勤続年数はどのぐらいなのかを調べて自分と比較してみると良いでしょう。自分よりも条件が悪い人が審査に通っているのであれば、あなたにも審査に通る可能性は十分にあるということになります。

 

最後に希望する借り入れの限度額が法律の範囲内かどうかを確認してみましょう。貸金業法という法律に総量規制という決まりがあって個人の借り入れの最大限度額は年収の3分の1までと制限されています。ですからこれを超えた限度額を希望しても借り入れは認められないのです。

 

現在自分が所有しているクレジットカードのキャッシング枠の利用限度額などをチェックして、すべての合計額があなたの年収の3分の1以下かどうかを確認してみてください。特にたくさんのクレジットカードを保有しているという人の場合には注意が必要となります。

 

これらの3つについて確認してみて問題がないようであれば、後はあまりあれこれ考えずに思い切ってモビットに申し込んでみることをおすすめします。


さっそくモビットのWEB完結に申し込む

モビット