モビットで滞納してしまいそうな時にはどうすればよいのでしょうか?

お金を借りた場合にこれを返すのは当たり前のことですよね。それではもしも返済を滞納してしまうとどのようなことになるのでしょうか。返済の滞納をモビットでしてしまった場合には支払いを催促する電話がかかってくることになります。

 

いわゆる取立てについては怖いというイメージを持っている人が多いようですが、貸金業法によって現在では過度な取立てや暴力的な取立てなどは禁止されています。ただし怖い取立てがないからと安心して滞納をしてしまうと、滞納をしたことが個人信用情報機関に記録されてしまいます。

 

この滞納の記録については5年から10年程度は履歴として個人信用情報機関に記録されますし、これは各銀行や消費者金融などが照会できる情報ですから、滞納の履歴が一度記録されてしまうとその後はカードローンやキャッシング、あるいはクレジットカードや一般の目的別ローンなどについて利用の制限を受けることになります。

 

くれぐれも返済を滞納しないように気をつけてください。またどうしても返済が遅れてしまいそうな場合には事前にモビットに電話をして対応策を相談しましょう。この時には返済の期日前に連絡を入れるということが重要です。

 

連絡を返済日を過ぎてから行った場合には「遅延」ということになりますが、連絡を事前に入れて利息の支払いのみにしてもらったり返済期日を延ばしてもらったりすればクリーンな履歴を維持することができるのです。


さっそくモビットのWEB完結に申し込む

モビット